映画「蜩ノ記(ひぐらしのき)」舞台挨拶&トーク、プレゼントも!

10月4日から絶賛公開中の「蜩ノ記(ひぐらしのき)」

小泉崇史監督と、戸田秋谷役の役所広司さんが来福し、舞台挨拶を行ないました。

役所・小泉監督.jpg

小泉監督は「(原作者である)葉室さんの地元で観てもらうのは、ドキドキします」とご挨拶。

役所広司さんは「美しい原田(美枝子)さんも堀北(真希)さんも、黒田官兵衛もいるんですけど(笑)、今日は私ですみません」と挨拶すると、観客もどっと笑いが起きて和やかな雰囲気に。

葉室作品が好きで何作も読んでいたという監督は、葉室さんが直木賞を受賞された後、いち早く久留米まで会いに来て、映画化の承諾を得たという。

「原作という大事なものを預かって、どう映像でみせるか、心配と楽しみの両方があります。長編なので、全部ではなく、秋谷像をどう描くか、どこを生かすか。映像でないと活かせない方法をみつけるというのは、楽しいですね」

役所さんは小泉監督とは初めて。「以前からお仕事したかった監督。今回しっかり準備の時間をとることの大切さが良い作品になるとよくわかりました。準備がしっかりしていたので、良い体調で、良いテンポで撮影に臨むことができました」

「CGの時代ですが、太陽や雲や風を狙って、そこで演じるのは緊張感もありますが、快感でした」と語り、

小泉監督も「江戸時代のお話ですが、時間がゆっくりと流れています。音楽を聞くように楽しんでいただけると嬉しい」と

締めくくりました。

 

また9月22日には、原作者の葉室麟さんが、母校・西南学院大学でトークイベントも開催されました。

葉室.jpg

西南在学中は自主映画の上映なども手掛けてこられたという葉室さんは大の映画好き。小泉監督が黒澤明監督の愛弟子だったということもよくご存知。

「私達の世代にとって黒澤監督というのは神様のような存在。そのスタッフだった方々に撮ってもらえるというのは感激でした。」と語り、映画は別作品と思ってお任せした、原作に小泉監督の思いを重ねてくれた、という感じがするそうです。

その例として映画に出て来る「柚子は九年で花が咲く」というのは、別の話(「柚子の花咲く」という別の作品)で原作にはないのだが、小泉監督が私の思いを汲み取って入れてくれた、とぐっと来たそう。葉室さんは2005年デビューで、今年は奇しくも9年目。

「咲いた柚子の花に、泣いてしまいました」。

また映画の撮影現場を見学して、黒澤映画でスクリプターを務めた野上照代さんがいらしてて、役所さんや原田さんとお話されているのを見て「映画の歴史はこうやって受け継がれていくんだな」と感じたそうです。「蜩ノ記」の中には「きちんとした歴史を残すこと」という言葉が出てきますが、小泉監督の現場は「きちんと(黒澤)映画の現場、歴史を伝え、受け継いで行く」ということを感じたとのこと。

「小説はひとりで書く作業ですが、映画はみんなが協力して、思いを重ねてできる。ちょっとうらやましい、と思いました。それからこれは原作がそう、ということではなく、この映画には“人には大切にするものがある。それをいかに大事にしていけるか”という思いがきちんと伝わる作品になっていると思います」とこれから見る人々へ、メッセージをくださいました。

 

映画「蜩ノ記」公開を記念して、「蜩ノ記」付箋を5名様にプレゼントいたします!

蜩・付箋・ウェブ.jpg

 

プレゼントフォームはこちらから↓

http://gekinavi.jp/present.html

 

プレゼントタイトル  「蜩ノ記」付箋プレゼント希望 をお忘れなく!

応募締め切りは、10月20日月曜日、23時59分。

応募多数の場合は抽選になります。当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。

 

「蜩ノ記(ひぐらしのき)

 原作は、時代小説として破格の累計60万部を超える葉室麟著「蜩ノ記」(2012年第146回直木賞受賞)。 物語の主人公は、無実の罪で10年後の夏に切腹が命じられ、不条理な運命にある戸田秋谷。彼は、いよいよ3年後に迫った切腹までに藩史の編纂を仕上げるよう命じられ、その作業の過程で、藩の重大な秘密を握っていた。そして、彼の監視役として派遣される檀野庄三郎。秋谷に不信を抱いていた庄三郎だが、彼の人としての気高さ、秋谷を支える妻・織江と娘・薫の温かな夫婦愛や家族愛に感銘を受け、やがて、切腹に追い込まれた事件の真実を暴く、重大な文書を入手することにー。果たして、蜩に秘められた真実とは、そして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命は…。

 監督:小泉堯史 「雨あがる」「阿弥陀堂だより」「博士の愛した数式」「明日への遺言」

出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美ほか

 

蜩メイン・ウェブ.jpg

(c)2014「蜩ノ記」製作委員会

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。