映画で風邪・インフルエンザ対策!「FLU 運命の36時間」の3週間連続企画

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこの季節、いつもおすすめしている作品が

 

「アウトブレイク」1995年・アメリカ/監督:ウォルフガング・ペーターゼン/出演:ダスティン・ホフマン

「コンテイジョン」2011年・アメリカ/監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーンほか

「感染列島」2009年・日本/監督:瀬々敬久/出演:妻夫木聡、壇れいほか

なのですが…今年は最新映画が加わりました。それが「FLU 運命の36時間」。

この作品の公開を記念して、福岡中洲大洋劇場では次のような企画が開催中。

 

111()公開「FLU 運命の36時間」

 

3週連続入場者プレゼントキャンペーン決定!!

 

&マスク特別割引実施!!


1週目、111()

「チャン・ヒョクのレスキュークリアファイルA5サイズ」

2週目、118()「チャン・ヒョクのサイン入りポートレート」

3週目、125()FLU運命の36時間非売品B1ポスター」

 *それぞれ数量限定、無くなり次第終了いたします。

*プレゼント内容は急遽、変更となる場合があります。

 

マスク着用イベントも開催中! 

マスクをして劇場にお越しいただいたお客様には、当日一般料金より200円割引いたします。

 *前売券を除く。劇場窓口一般料金のみ。他の割引サービスとの併用は不可。

 

空気感染、速度/秒速3.4人、致死率100%

史上最悪のウィルスに立ち向かったのは

一人の救急隊員の愛だった

 

人類に致命的なダメージを与えると予測される鳥インフルエンザH5N1が、もし突然変異を起こし人類を襲い始めたらどうなってしまうかをリアルに描いた本作。韓国では300万人以上を動員し呼吸器から驚異のウィルスが感染する恐怖を植え付けた。そして、その恐怖はいま、日本にも上陸する!

FLU ・ウェブ.jpg

 

ストーリー

突然起こった感染の恐怖。そして、ウィルスの拡散を阻むため閉鎖された街。極限の恐怖を目の前に多くの人間が、がまるでゾンビのように理性を失い暴徒と化す。そんな中、救助隊員であるジグは愛する人の娘ミルを守るため、街に残された全ての人々をたった一人で助け出そうとする。しかし、地球規模の感染を恐れたアメリカ軍は街全体を消滅させるため攻撃を開始しようとしていた・・・

監督&脚本:キム・ソンス『MUSA-武士-

出演:チャン・ヒョク『IRIS-アイリス2-』、スエ『ミッドナイトFM』、パク・ミナ「夜王」、ユ・ヘンジ『王の男』

2013/韓国/121/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:朴澤蓉子/提供:CJ Entertainment/配給:CJ Entertainment Japan

 

 

 

 

2014年1月15日 16:30  カテゴリー: イベント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。