第3弾 シネマ★インパクト 〜中洲deシネマ

中洲deシネマとして、第1弾、2弾、と好評を博し、

いよいよ最後の第3弾が7月26日から29日まで大洋メディアホール(福岡市博多区中洲)で公開される「シネマ★インパクト」

元々は、映画関係者育成のための

ワークショップ・プログラム事業の一環だったとか。

その辺りのお話を仕掛人である、山本政志監督に伺った。

 

山本監督2.jpg

 

元々は、知り合いのカメラマンが「明日はワークショップをやるんです」という話を聞いて、あ、面白そう、俺も映画のワークショップやってみようかな、と思って(笑)。いろいろ調べてみたんだけど、あんまり面白いことをやっているところがなくて。それなら知っている監督たちに声掛けて、楽しいものを作りたい、と思った。メインテーマ決めて、監督主導型で年間3プロックに分けて。

 

第1弾には、大森立嗣、瀬々敬久、深作健太監督ら、第2弾には、橋口亮輔、山下敦弘監督ら、そして最後の第3弾にも、熊切和嘉、廣木隆一、大根仁監督ら、錚々たる顔ぶれが集結。ちなみにどの回にも山本政志監督作品は含まれている。

 

プロデュースもやり始めたら、まじめに取り組みましたよ(苦笑)。仲が良い人だけでなく、監督として素晴しい人たちに声掛けて。やる以上は作品をちゃんとやろうと思った。

すごい人たちが集まってくれました。監督なんて、子どもっぽいから(注・ご本人のことらしいです)初日に挨拶したくらいで口出しとかはしないけど、人の作品は気になるよね(笑)。今回のワークショップの目的は、次世代のスタッフを育てる事。特に教えるということはしなかったけど、カメラマンと美術監督はプロを連れて来て、プロのいつもの仕事現場をふつうに見せる。時間制限はなし。でも予算は少ないよ(笑)。第1弾は「坂道と路地」、第2弾は「密室と新宿」、第3弾は何でもあり、にしました。僕の作品は、今度撮る長編のプロローグを撮ってます。助監督、スタッフ、出演者も受講生たちや、ふつうの人たちです。

 

8月以降は3本長編が控えている山本監督。「シネマ★インパクト」第4弾はないのですか?


ありません。「してやったり感」はありますけど(笑)。ほかの企画でいろんなところに展開していってほしい。これだって今までと同じではなく、新たなことをやろうという意志を監督たちが面白がってくれたんだと思う。こんな手作り感のある映画作りも面白いって、僕自身も思えた。意外と監督自身のスピリットが試される。充実した日々の緊張感、テンションの高さが伝わって来る。ひとつひとつが置き換えの利かない、それぞれの監督個人の作品に仕上がっていると思います。

 

シネマ・インパクト3.jpg

 

シネマ・インパクト3・裏.jpg

 

 

なかでも興味深いのが、大根仁監督作品「恋の渦」。異例の大ヒットとなり、東京では上映映画館を拡大して、ただいま上映中。

福岡では今後いつ見れるかわからないので、見るなら絶対この機会!そう、“今でしょ!”。お見逃しなく!

恋の渦-1.jpg

 

超絶劇団ボツドールの三浦大輔が原作・脚本。大根監督が「モテキ」の後、撮った長編作品が本作。

恋の渦-2.jpg

2013年7月26日 14:20  カテゴリー: 映画・インタビュー 映画・最新情報 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。