2012年12月
太宰府で「太宰府」を歌う

太宰府市の音楽を愛する地元有志が集まり、市制30周年記念行事の一環として、「太宰府市民音楽祭」が開催される。第一部では1300年の歴史をイメージさせる舞台として、万葉歌や、吟詠などが披露され、第二部では太宰府讃歌として、歌と室内アンサンブル、さらにマンドリン演奏などさまざまな舞台がある。

 

組曲「太宰府」は、内山信先生が、福岡の詩人・黒田達也さんの詩に作曲した作品。内山先生には「古代幻想・筑紫」や「卑弥呼」など、黒田さんの詩をもとにした、曲が数々ある。なかでも組曲「太宰府」は、「防人のうた」から「終曲」まで、いにしえの遠の朝廷(とおのみかど)と呼ばれた時代の太宰府を題材としている。

 九友会166.jpg

写真は2010年「内山信 作品演奏会」より

指揮・内山信

伴奏・岡直美

合唱・九友合唱団「太宰府で組曲「太宰府」を歌う会」

 

ほかにも、現在の太宰府と菅原道真を題材にした「太宰府組曲」や、水城で歌い継がれてきた歌を歌う辰山会・水城を歌う会ほか、合唱組曲「長崎物語」から太宰府の春を歌う太宰府混声合唱団、太宰府音頭、太宰府マンドリン倶楽部による交響詩「失われた都」など、太宰府にまつわる多彩な音楽が楽しめる。

 

太宰府市民音楽祭

日時 12月9日(日)12時開場 1230分開演

会場 太宰府市 中央公民館大ホール 

入場 無料

2012年12月 6日 19:17  カテゴリー: 音楽・オペラ | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。