2011年7月
映画「コクリコ坂から」イベント&記者会見

映画「コクリコ坂から」のイベントがFM FUKUOKA主催でT・ジョイ博多で開催され、監督の宮崎吾朗さん、スタジオ・ジブリの鈴木敏夫プロデューサー、歌手の手嶌葵さんが出席。その模様は120基のモニターで博多駅ビル構内にも生中継されました。

ライブ風景.jpg

ライブ風景の中継はこんな感じです。

 

まずは鈴木プロデューサーと宮崎吾朗さんのお話から始まりました。


鈴木敏夫プロデューサー(以下・鈴):ジブリとしては通常2年に1作品のペースだが3年前の「借りぐらしのアリエッティ」の製作時から2年連続で作品を出そう、と決めていた。原作は80年代の少女マンガだがそれを1963年に置き換えている。オリンピックの前年。宮崎駿が会社に入って働きだした頃。古いものをどんどん壊し、日本を作り直そうとしていた時期の物語です。

宮崎吾朗(以下・吾):(その時代を)体験してないからこそ限定されないでできるものがあるかもしれないと思いました。あるいは、(その頃の風景も)記憶の底にあるのかもしれない。今までの現実離れした女の子から、いそうな女の子へ。地に足がついた、無愛想な女の子・海を描いています。

主人公・海の声優は長澤まさみさん。この声でキャラクターが完成した。言われなかったら、長澤まさみとは誰も思わないくらいに、なりきっているのがすごくいい。


手嶌さんの起用について


鈴:もともと宮崎駿は森山良子さんの歌を聴きながら、脚本を書いたのですが…、これを主題歌にする、と言い出しまして。

吾:おばさん声はいやだー、若者の声でやりたいってね(笑)。森山良子さん、ごめんなさい。

鈴:息子と父は常に戦うものなんですよ(笑)。


と、ここで手嶌葵さんが登場。


イベント.jpg

 

 

手嶌葵(以下・手):ジブリ作品に出させていただくのは5年ぶりです。しあわせなデビューをさせてもらいました。今回は成長した姿を見ていただけるとうれしいですね。

 

鈴:10代の堅い頑固な感じはそのままですが(笑)、いい感じにやわらかく魅力的になっている。

手:少し落ち着き過ぎているって言われます(笑)。

吾:その声で歌っているシーンが入れたくなって、友人役もやってもらいました。

鈴:そのシーン、追加でして、結構お金がかかっているんですよ(笑)。

手:(出来上がった作品を見て)さわやかで少しドキドキする恋ものがたりですね。

 

 

手嶌ライブ・ネット用.jpg

 

 

手嶌さんのミニ・ライブでは、映画の挿入歌である「朝ごはんのうた」と、映画では坂本九さんが歌う「上を向いて歩こう」、そして主題歌「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」を披露。CDの販売会も行なわれました。

 

翌日の記者会見では…

 

鈴:「さよならの夏」を今、聴くと鎮魂の歌になっている気がした。

吾:5年ぶり2作目です。なんとかここまで持って来れた。風吹ジュンさんからは「5年生ね」と言われました。いろんな幸運に恵まれてここまでやってこれたと思います。

手:とっても早いなぁ、と。2度目の大きなチャンスをもらった気持ちです。主題歌は3.11の前日にレコーディングしました。不思議な気がします。個人的にはジブリの新しい作品が見れるというのが嬉しいです。

 

とコメント。和やかなイベント&記者会見でした。

 

記者会見.jpg

映画「コクリコ坂から」は、全国東宝系で絶賛公開中!!

 

2011年7月 1日 20:05  カテゴリー: イベント情報 映画・インタビュー | コメント(0) |
映画「ロック わんこの島」in 西南小学校

映画「ロック~わんこの島~」福岡キャンペーンin西南学院小学校と題して、公開特別授業&合同記者会見がおこなれました。

授業風景.jpg 

6月の末に、西南学院小学校 の2F チャペルにて、公開特別授業&合同記者会見がおこなれました。

出席者は、公開授業には映画「ロック~わんこの島~」でお父さんを演じた佐藤隆太さん、お母さん役の麻生久美子さん、中江功監督 。

ゲスト1.jpg

西南学院小学校 4年生 70名(2クラス)は、坂井先生の進行で、感想文を発表。

生徒さんたちは事前に映画を観賞していたそうですが、

その素晴しい感想の数々には、ゲストをはじめ、取材に来ていた大人たちもうなるほど。

小学四年生ってこんなにもいろいろと考える力があるんだなぁと、

改めてこどもの、人間のすごさを感じる発表会でした。

この後、ゲストに質問も飛び出し、始終和やかななかに、公開授業は終了しました。

記念撮影では土師野隆之介くんロックも加わりはい、ポーズ。

集合写真.jpg

記念写真ではみんなこんなにお澄ましなのに、終わると

わんこわんこ.jpg

ロック〜、となでる生徒続出。ロック、大人気!

それでも吠えない大人しいロック。

いいわんこです。

合同記者会見では土師野隆之介くんロックも加わりました。

会見後.jpg

 

 

『ロック~わんこの島~』公開記念“ワン☆ダフル エコライフ”推進キャンペーンとは

映画の内容を丁寧に伝え、震災に直面している今、“今、わたしたちができることを考えよう”ということで、家族の絆や人を思いやる心などをもう一度振りかえり、誰もがすぐ実行できる“エコ・節電”を推進するキャンペーンを九州独自で展開していきます。ロックをシンボル犬として、6月24日をかわきりに立ち上げ、ロックのカワイイビジュアルでエコポスターを製作。九州の上映劇場や行政関係者およびマスコミに幅広く呼びかけ、この夏の、東北関東大震災の復興支援の一環として、エコ・節電への協力活動を推進していきます。

 

 

 

 

2011年7月 1日 20:04  カテゴリー: 映画・インタビュー | コメント(0) |
映画「ラスト・ターゲット」公開記念、「ラスト・ターゲット」杯開催!

 

映画『ラスト・ターゲット』公開初日に、九州初となるエアガンが楽しめるダイニングバー「The ShootingBar」にてシューティングマッチを開催!

劇中、ジョージ・クルーニーが使っていたタイプのエアガンを使用。

成績上位5名様に映画の鑑賞券を、また参加者全員にもれなくプレゼントあり!(先着30名限定)

 

店内 1.jpg

「ラスト・ターゲット」杯

●日時:7月9日(土)17:00〜

●料金:参加費無料(シューティングのみ)

●場所:The ShootingBar

(福岡市中央区今泉1-9-19 BuLaLa4F 今泉公園前 TEL:092-717-5018)http://shootingbar.jp

 

半券サービス実施!

映画公開中「The ShootingBar」にて『ラスト・ターゲット』の映画半券を提示すると、以下のAもしくはBのサービスが受けられます。(8/19まで)

 

A.ご飲食代総額から10%OFF!

<ご利用条件>

※半券1枚につき、1回限り4名様まで有効

※他のクーポン券、サービス券との併用不可

※飲み放題、コースメニューとの併用不可

※現金でお支払いの場合のみ

 

B.「ボルトアクション・ライフル」の無料射撃!

(店頭には出していない、スコープ付きライフルです。<20発>)

<ご利用条件>

※半券1枚につき、お1人様1回限り有効

※他のクーポン券、サービス券との併用不可

※シューティングのみでのご利用不可

 

ラスト・ターゲット 1.jpg

(C)2010 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

■『ラスト・ターゲット』

7月9日(土)より、T・ジョイ博多にてロードショー!

 

男が流れ着いたのは、イタリアのはずれの街—。

正体不明の敵、そして最後のミッションの裏に潜む罠とは?

孤高の暗殺者、その人生最後の⟨仕事⟩を清冽に綴った

スタイリッシュ・サスペンス。ジョージ・クルーニー主演最新作。

 

■監督:アントン・コービン

■出演:ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・プラシド、他

■配給:角川映画

■HP:http://www.last-target.info

 

※熊くまです。「ラスト・ターゲット」は格好いいジョージ・クルーニー好きとイタリア大好きな人にはおすすめです。あとはまぁガンマニアの方も。決してマネはしないでくださいね、と注意書きはしたくなりますが…。

個人的には作中の司祭の台詞で「ライターでは儲からんぞ」というのが、つくづく身につまされました。正確には「ジャーナリストでは裕福にはなれない」みたいな意味だと思いますが…。

ライターって、世界共通儲からない職業なんでしょうか…。

 

 

2011年7月 1日 19:20  カテゴリー: イベント情報 | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。