2011年5月
「ゴダール・ソシアリスム」 ソラリアシネマで公開中

あのゴダールの最新作だ。

光はなぜある?闇があるからネット用.jpg

(C)フランス映画社

原題は「フィルム・ソシアリスム」。意味は「映画の社会主義」というより、「映画による社会の捉え方」といったところか。

作品は3部構成のオムニバスだが、主張は一貫したメッセージとしてつながっている。

映像は色彩の濃い原色の画像やわざとネガを焼いたような画質があり、少々きつい。

だが、溢れてくる映像と音楽に身をまかせながらスクリーンを眺めていると、ゴダールのしたたかさが伝わってくる。

私の心は私の口の中にはないネット用.jpg

1部では、豪華客船での国際スパイが地中海に眠る財宝を狙って暗躍する。

2部は、両親と兄弟の家族という最小単位の民主主義の物語。

3部では、エジプト・パレスチナ・オデッサ・ギリシャ・ナポリ・バルセロナの世界6か所観光の旅。人類が作った虚偽の神話を問いかけ、古代ギリシャの古典的民主主義からオデッサの階段での社会主義革命まで、たどってきた社会制度を俯瞰する。

21世紀を迎えた人類は、「文明の衝突」とか「歴史の終わり」とかいっているが、実は文明の「衝突」でも「均衡」でもなく、なるようになっていくのだ。「勝手にしやがれ」である。ベルモンドが演じたミシェルが路上に投げ捨てた煙草のように、歴史はいとも簡単に消えていくものなんだ。ゴダール、81歳。いまだ恐るべし!

エイゼンシュタインの『戦艦ポチョムキン』へのオマージュを感じさせるシーンもあり、映画通のおじさん達には見ごたえのある映画。『勝手にしやがれ』を知らない世代には、80代の現役映画人のアバンギャルドな感覚を堪能してほしい。(文責・水上)

 

「ゴダール・ソシアリスム」

太陽を襲ってやる 太陽が襲ってくるのならネット用.jpg

自由は高くつく!

ゴダール最後の映画?と話題騒然の2010年最新作は、3楽章の交響曲構成。

国際スパイが暗躍する地中海の豪華客船、

子供が被選挙権を主張して両親を召還する村、伝説の真偽を問われる歴史的6つの都市…

活力いっぱい、映像美も音響パワーも詩の力も、未曾有の境地に達した傑作。

2011年5月15日 20:44  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」森下くるみ 舞台挨拶付き上映会

「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」森下くるみ 舞台挨拶付き上映会

「かまってちゃん」ネット用.jpg(C)2011『劇場版 神聖かまってちゃん』製作委員会

 

単館系の公開ながら驚異的なロングヒットを記録し、続編も製作された『SRサイタマノラッパー』で映画ファン、音楽ファンを熱狂させた入江悠監督のオリジナル脚本により、人気バンド“神聖かまってちゃん”の名曲群をモチーフとした青春群像劇。

別々の場所で、様々な悩みを抱える人々のくすぶった心に、あらゆる形で“神聖かまってちゃん”の歌が着火し、それぞれの人生が走り出す。

伝説のセクシーアイドル森下くるみさんは、本作で銀幕デビューを果たし、昼は清掃、夜はショーパブダンサーと朝から晩まで働くシングルマザー・かおりを熱演。

舞台挨拶におきましては、撮影秘話などを語って頂きます!


■森下くるみさんのプロフィール

1979年・秋田県生まれ。1998年にAV女優として活動をスタート。10年に渡りカリスマ的な人気を誇ったまま、2008年に事実上の引退。現在は短編小説やエッセイなどの執筆活動に軸を移し、文芸誌に寄稿している。著書に『すべては「裸になる」から始まって』(講談社文庫)『らふ』(青志社)など。


■日時:5月12日(木) 開場:20:50/開映:21:00

(予告なし本編からのスタート、22:30終映)

上映終了後に舞台挨拶がございます。

※当日の事情により、急遽変更になる場合もございます。

■会 場::シネ・リーブル博多駅

(博多区博多駅中央街21 博多バスターミナル7F)

TEL:092-434-3691

■入場料:当日券 一般1,800円、大・高生1,500円、シニア1,000円 ※学生の方は学生証が必要です。

※全席自由席(開場時間になりましたら、当日券に記載されています整理番号順に入場をご案内致します。)

※『劇場版 神聖かまってちゃん』の前売券をお持ちの方は受付にて当日券にお引換下さい。

 

 

 シネ・リーブル博多駅における、最後のイベントになります。

お問合せ先:シネ・リーブル博多駅 TEL:092-434-3691

 FAX:092-434-3692

2011年5月 9日 11:55  カテゴリー: イベント情報 | コメント(0) |
東日本大震災チャリティー美術展〜鎮魂と復興への祈りをこめて〜

●とき 5月9日(月)〜15日(日)

 午前10時30分〜午後7時30分(最終日は午後5時まで)

●会場 ギャラリー風(新天町北通り)

 福岡市中央区天神2ー8ー136/092ー711ー1510

 

福岡文化連盟会員が制作した絵画、工芸品を救援特別価格で展示即売!

益金は全額を西日本新聞民生事業団を通じて日本赤十字社に寄託されます。

問合せ……福岡文化連盟 092ー771ー0188

2011年5月 9日 11:32  カテゴリー: アート・ギャラリー | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。