映画「心が叫びたがっているんだ」福岡・大ヒット御礼舞台挨拶

2013年、アニメファンの枠を超え、心揺さぶる感動作として興行収入10億円を突破する大ヒットを記録した『劇場 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。テレビアニメオリジナル作品としては歴代位の記録を打ち立て、 今でも日本中に“あの花現象”を巻き起こしています。そして今秋、再び秩父を舞台にした完全オリジナルストーリーの 青春群像劇が誕生

main1.png ©KOKOSAKE PROJECT

 

この『心が叫びたがってるんだ。』の大ヒットを受け、 福岡での大ヒット御礼舞台挨拶の開催が決定主役の成瀬順役を演じる声優、水瀬いのりさんと企画・ブロデュースを手がけた清水博之さんをお迎えし、映画の見どころや裏話を語っていただきました。※MCはアニプレックスの村山さん。

(舞台挨拶撮影:大工 昭)

 

ーー水瀬さん、福岡には来られたことはあるんですか?

 

水瀬 はい。小倉(福岡県北九州市)には行ったことがあるんですが、福岡・博多は初めてです。

 

ーー福岡・博多でこれだけはしておきたい、ということは?

 

水瀬 うーん、博多ラーメンが食べに行きたいです!(笑)だいぶお腹が空いてきました。

 

水瀬1.jpg

水瀬さん

ーーこれからご覧になる方が多いので、ネタバレにならないように気をつけます。と言いつつ…本編についてですが。水瀬さんが演じられた役のキャラクターについてお話ください。

 

水瀬 私が演じた成瀬順という女の子は、子供の頃にあることがきっかけで言葉を封印されてしまった女の子です。言葉が封印された理由は、物語のキーポイントになっているので、これからご覧になるみなさんには、どんなことがきっかけになったのか、楽しみにしていてほしいですね。

 

清水 そうですね。前半の演技が、後半のミュージカルに結びついていきます。感情の高ぶりとか、みなさんの演技が素晴しいので、僕も何度もみているんですが、声優のみなさんの演技に圧倒されてしまいます。

 

清水さん.jpg

清水さん

 

ーー共演者について教えてください

水瀬 まず坂上拓実くんは、内山(昴輝)さんが演じてあるんですが、今どきの高校生というか、本音を言わない、自分のことをあまり主張しないタイプの男の子です。エアーな少年と、書いてある通り、ちょっと不思議なキャラクターです。

 

ーー順にとっては大切な人なんですよね?

 

水瀬 そうですね。ここにいる3人は順にとって、物語の中できっかけをくれる人たちなので、注目してほしいです。

 

ーーつづいて田崎大樹くんについて

 

水瀬 大樹くんは、細谷佳正さんが演じているのですが、ご覧の通り坊主頭で、活発な野球少年です。ビジュアルから見てもおわかりと思いますが、ちょっとケガをしていて、これから未来に向かって活躍していきたいという気持ちとは裏腹に、部活ができない葛藤というか、前に進みたいのにそれができないもどかしさがある。そこから来るいら立ちだとか周りに強く当たってしまうところが現実の高校生のみなさんにも共感したり、高校の時に野球部員だった方とかには痛いほどわかっていただけるのではと思います。

 

ーー一番共感できるのは大樹かもしれないですね。最後に仁藤菜月ちゃんはいかがですか?

 

水樹 菜月ちゃんは雨宮天さんが演じているのですが、ビジュアルから見ても順とは対照的で、髪も長いし、どこか女性らしさがあったり、わりと優等生で、チア部で活躍していたりします。本当に太陽のような人で、対照的に描かれているので、順とどうやって会話するのか、あるいはしないのか楽しみにしていてほしいですね。あ、前髪のあるなしも違いますね。順とは真逆です。

 

ーー清水さんにお聞きしたいのですが、「あの花」に続いて、埼玉県秩父市が舞台になっていますが、この中に秩父にいったことがあるよ、という方…あぁすごい!(結構、手が挙がっていました)

 

水瀬 あーすごい!!

 

ーーよくご存知ないかと思っていたのですが…。秩父について、「あの花」との関連も含めて、清水さんにお話いただきたいと思います。

 

清水 秩父は福岡の方からすれば「どこ?」という感じとは思いますが、埼玉県にありまして、歴史・文化が発達した街です。夜祭りや巡礼なども盛んで、近くにはキャンプ場もあり、風光明媚なところです。「あの花」の時には、秩父が舞台というよりは東京から少し距離があるところで、閉塞感というと語弊があるのですが、“東京へはすぐに出られるんだけど、何かしら距離感があるまち”ということで選びました。今回同じスタッフで青春ものをやるにあたって、いろんな候補地も探していたんですが、最終的には土地カンもあり、監督以下すごく思い出もある秩父を選ばさせていただきました。

 

ーー水瀬さんも、秩父に行かれたんですよね?

 

水瀬 この前、初めて行きました。初めてでしたが、「あの花」のファンだったので、その舞台になった場所に立てたのが嬉しかったし、そこで「ここさけ」の話をしたというのも感慨深いものがありました。

 

ーー「あの花」の話になりましたが、本編中にちらほらと…。

 

清水 はい。「あの花」のオマージュというか、いくつかそういうシーンがありますのでそういうところも楽しんでいただけたらと思います。

 

ーーさて本編に戻りますが、水瀬さんはどのシーンが一番大変でしたか?

 

水瀬 全部です(笑)、アフレコの時はまだ線画のような状態ですので、ミュージカルシーンとかどうなるのか私も楽しみにしていたのですが、実際見たらすごかった。ひとりひとりのがんばりがちゃんと画面に活きています。スタッフさんみんなのがんばりが、このシーンを支えてくれていると思うので、ぜひ注目して見ていただきたいと思います。アフレコは音楽テストに呼ばれるような感じでひとりずつや数人ずつ呼ばれて。歌は本編撮り終わってからの収録だったので最後のは(深夜)12時近くになっていたと思います。緊張しましたが、一生懸命歌いました。

 

清水 今回アフレコにも気を遣いました。大勢の場面では、生徒役の際の立ち位置と同じ位置にたって、音の聴こえ方も劇中(映像)と同じようにしています。丁寧に音を収録しています。

 

水瀬 ぜひその辺りも聴いてください。


ーーアフレコのエピソードってありますか?
 

水瀬 メインの4人はいつも真摯に台本読んだり、まとめたりして和やかな感じだったんですが…お腹空いてくると、普通にクラスメイトみたいに話してました(笑)。自然とほかのキャストの人たちとも、クラスのような囲気でした。楽しかったですね。

 

ーーお気に入りのシーンとかありましたら伺いたいのですが

 

水瀬 4人の1人1人がそれぞれ悩みや乗り越えないといけないものを抱えているので、それができるのか、できないのか…。達成できるかあきらめるのか。達成の方法もいろいろなのでポイントがわかると思います。あとはミュージカルのシーンですね!気合い入れてます!(笑)

 

清水 青春群像劇や日常芝居はアニメでは難しいのですが、そこをあえてやってます。1カット1カット丁寧に、アニメでしかできない表現で作っていますので注目してほしいです。

 

ーーこれからご覧になるみなさんに、ひと言お願いします。

 

清水 オリジナル作品を一生懸命作ってます。4年くらいこの作品に関わって来ました。心に何か残ってくれたら嬉しいですね。

 

水瀬 誰かにものを伝えるということをこの作品から学びました。これからも自分が言いたいことがちゃんと言えるようになりたいと。そういうカラを破っていきたいと思います。

 

ーーありがとうございました。

 

水瀬2.jpg

 

水瀬いのり・プロフィール

現在19歳ながら声優歴は5年。

2013年にはNHK『あまちゃん』にも成田りな役で出演。

今年の122日の20歳の誕生日にキングレコードからソロ歌手デビューが決定。


水瀬3.jpg

 

 

ここさけ2.jpg

   ©KOKOSAKE PROJECT

映画「心が叫びたがっているんだ」

【ストーリー】

主人公は、幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた..  

2015年10月 7日 18:57  カテゴリー: 映画・インタビュー | コメント(0) |
アジアフォーカス福岡映画祭2015、招待券をプレゼント!

今年も、アジアフォーカスの秋がやって来ました!

今年は世界22ヵ国、45作品が上映!(プレイベント含む)

9月19日(土)〜25日(金)の期間中は参加21ヵ国、36作品が上映されます。

AFチラシ・ウェブ.jpg


この映画祭の招待券を10組20名さまにプレゼントいたします。

プレゼントフォームはこちら ↓

http://gekinavi.jp/present.html

 

「アジアフォーカス2015・招待券希望」とお書きください。

9月16日23時59分締切り。

応募多数の場合は、抽選になります。

発表は発送をもってかえさせていただきます。

※イベントの詳細は「アジアフォーカス福岡国際映画祭」のページをご覧ください。

今年も多彩なアジアの映画を楽しみましょう!

2015年9月11日 18:30  カテゴリー: プレゼント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |
第29回福岡アジア映画祭2015

 

今年は、29年目!

毎年夏、山笠の季節、ボランティアの手で企画・運営されている福岡恒例の市民イベント


第29回福岡アジア映画祭2015

2015年7月3日(金)~7月12日(日)

 

7月3日(金)~7月5日(日)

天神・西鉄ホール(ソラリアステージビル6F)

7月12日(日)

アンスティチュ・フランセ九州5Fホール

(地下鉄・赤坂駅付近)

 

 

今年は韓国のセウォル号沈没事件のドキメンタリーや、

ネパール大震災支援の特別上映など、必見の作品が続々登場!


 

☆ネパール大震災復興支援特別上映

 

『ネパールの首飾り』The Necklace  ネパール・2014年・83分

 監督:グルン・ルドラ・バハドゥール

 

首飾り・ウェブ.jpg


 ポカラからバスに乗った男は、途中、ケータイを落とした女性と親しくなり、旅を共にする。しかし、男の目的は、ムスタン山岳に住むドマという女性の首にかけられた価値のある首飾りだった。ネパールの美しく壮大な風景の中で繰り広げられるラブ・ミステリー。日本初公開!

 

 

 

『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』(再編集版) The Truth Shall Not Sink with Sewol 韓国・2015年・77分 監督:イ・サンホ、アン・ヘリョン


2014年4月16日に起きた“旅客船セウォル号沈没事件”の真相究明のために制作されたドキュメンタリー。ペンモク港に着いたイ・ジョンインは、潜水機器ダイビングベルの使用を提案する。しかし、海洋警察は、現場への進入を許可しない。そして無駄な時間が過ぎていった…。日本初公開!

 

上映スケジュール

7月3日(金)天神西鉄ホール (ソラリアステージビル6F)

1600「ネパールの首飾り」*ティーチ・イン

1900〜「ヘルモニ」*ティーチ・イン

7月4日(土)天神西鉄ホール (ソラリアステージビル6F)

1030「熊野修験」

1300「ダイビング・ベル」*ティーチ・イン

1600「ヘルモニ」*ティーチ・イン

1900「カーサ・アモール」*ティーチ・イン

7月5日(日)天神西鉄ホール (ソラリアステージビル6F)

1030「ダイビング・ベル

1300「カーサアモール」*ティーチ・イン

1600「ダイビング・ベル」*ティーチ・イン

1900グランプリ発表

「ネパールの首飾り」*ティーチ・イン

 

7月12日(日)福岡・大名・アンスティチュ・フランセ九州(旧九州日仏学館)5Fホール

1100「熊野修験」

1300「ダイビング・ベル」

1500「ネパールの首飾り」

1700Oh Lucy!」「Four Years On」「なるしまフレンド」*ティーチ・イン

 

*ゲスト、作品などが変更になる場合もあります。


◎福岡アジア映画祭基金にご協力を!

 私たちの「福岡アジア映画祭」は、多くのボランティアと地元企業を始めとするさまざまな協賛金、そして全国から寄せられた「福岡アジア映画祭基金」によって、すべてが運営されています。しかし、ここ数年、かなりの赤字になっており、このままでは映画祭を続けることが大変困難な状況です。皆様の温かい募金をお待ちしています。


 郵便振替 01790-4-71389

 口座名  福岡アジア映画祭基金



☆料金:前売(1作品券)¥1400                     

      (5作品券)¥6000

      (10作品券)¥10000 

    当日(一般)¥1800

      (大学・高中・シニア60才以上)¥1000 

    4日(土)パーティーチケット¥4000

      (メールで予約。)


*前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、

サークルK(Pコード:466-221)、

ローソンチケット(Lコード:86286)、

ちけっとぽーと福岡パルコ店、

博多リバレイン7Fアートリエなどにて発売中!


◎GUESTS 予定 

チョン・ボムシク監督(韓国)、シン・ハンソル監督(韓国)、アン・ヘリョン監督(韓国)、グルン・ルドラ・バハドゥール監督(ネパール)、田中千世子監督(日本)、前澤哲爾教授(日本)、フランシーヌ・メウール アンスティチュ・フランセ九州館長(フランス)ほか。

◎ゲスト作品については、上映後ティーチ・イン(質疑応答)を行います。


☆主催:福岡アジア映画祭実行委員会

 電話092ー733ー0949      

☆映画祭ホームページ

 http://www2.gol.com/users/faff/faff.html


*上映作品、ゲストなどが変更になる場合があります。


後援:協賛各社

提携:西鉄ホール

特別協力:アンスティチュ・フランセ九州

                

 

2015年7月 2日 16:16  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
カンタン!カワイイ!造花DECO☆楽屋ミラー 教室

造花アーティストのトシ子ちゃんによる1日講座を開催!

トシ子さん・ウェブ.jpg

 

“運気が上がる”と芸能界で口コミで広がり、今では120名以上が愛用と大人気の「楽屋ミラー」。
今回Lサイズとミニサイズの2種類から選べます。
春らしいカワイイ鏡を手作りして、女子度アップ!

Lサイズ:33cm×22cm×10cm (ピンクパープル、ベージュ、ブルー 全3色)

Lピンクパープル.jpg

※写真はピンクパープル

 

ミニサイズ:22cm×14cm×6cm(レッド、ピンク、イエロー、グリーン、パープル、

ブルー 全6色)

ミニ1・ウェブ.jpg


トシ子ちゃんprofile
造花アーティスト。モノ造りの妖精。造花でラブリーに飾られた楽屋ミラーが芸能界に大人気。衣裳デザイン、水引デザインも。

雑誌・広告などでスタジオセット、衣装、小道具なども手掛ける。


日時;2015年4月25日(土)13:00〜15:00

料金

Lサイズ NHK文化センター会員 (受講料)2700円、

                (教材費)7560円

     一般(入会不要)   (受講料)3024円、

                (教材費)7560円

ミニサイズ 会員 (受講料)2484円、(教材費)5940円

一般(入会不要) (受講料)2808円、(教材費)5940円  

 

定員になり次第受付終了。

詳細はコチラを参照!

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1046051.html

2015年4月 1日 15:38  カテゴリー: イベント情報 | コメント(0) |
映画「唐山大地震」公開!

2011年3月26日、映画「唐山大地震」は公開されるはずでした。

しかし、ご存知の通り3月11日に東北大震災がおこり、被災された方々の心情を鑑みて、公開は延期となりました。

その時のことは以前、このブログにも書きました。

http://gekinavi.jp/kuma/2011/03/post-25.html


今こそ、この作品を見る意義があると思います。

4年が過ぎてなお、復興途上の今こそ。               (熊くま)

 

3月14日(土)〜、福岡は中洲大洋劇場にて公開です。

映画「唐山大地震」

全てを変えた23秒、想いつづけた32年。

中国映画の歴代最高興収記録を樹立した感動作がついに公開!1976年に河北省で実際に起こった20世紀最大の震災「唐山大地震」により運命付けられたある家族の32年間を、中国No1のヒットメーカーであり、米「NEWSWEEK」誌が“中国のスピルバーグ”と評するフォン・シャオガン監督が描く。本作は地震や災害を描いたパニック映画ではない。震災によって離れ離れになっても、決して引き裂くことが出来ない家族の絆、そしていかなる状況においても希望を持って生きようとする人間のたくましさと心の再生を丹念に描いた感動のドラマである。本国では号泣する観客が続出、映画賞を総なめにした。


唐山大地震・ウェブ.jpg

 

それは、地震によって引き裂かれたある家族の32年を見つめた心揺さぶる物語。


197628日、唐山市を未曾有の大地震が襲った。倒壊する建物の中で夫を失った母は、残された二人の子供の行方を捜す。翌朝、母の元に姉弟が瓦礫の下にいると伝えられるが、同時にどちらか一人しか助けられないというあまりに残酷な状況が告げられる。「息子を・・・」泣き崩れる母親。だが、その消え入るような声は瓦礫の下の姉の耳にも届いていた。時は流れ、母親は家族を失った喪失感と娘を見殺しにしてしまった罪悪感に苛まれながら、残された息子を女手ひとつで必死で育てていた。そして娘も奇跡的に命を取り留め、養父母の元で成長していた。―――今、32年の時を経て、離れて生きてきた母子の運命が大きく動き出す。

 

監督:フォン・シャオガン(『女帝[エンペラー]』『狙った恋の落とし方』『戦場のレクイエム』

主演:シュイ・ファン(母親)、チャン・チンチュー(娘)、リー・チェン(息子)、

         チェン・ダオミン(養父)

エンディング曲:フェイ・ウォン「般若心経」

原作:「唐山大地震」チャン・リン(角川文庫刊)

配給:松竹メディア事業部

 

 

 

映画『唐山大地震』劇場公開に際して

 

 

 松竹では、2011326日(土)に全国映画館にて公開を予定しておりました映画『唐山大地震 -想い続けた32-』(以下『唐山大地震』)を、同年311日に発生しました東日本大震災の未曾有の被害状況や、不幸にも被災された方々の心情を鑑み、公開を延期しておりました。

  『唐山大地震』は、1976年に実際に中国の河北省唐山市で発生した震災により引き裂かれた、ある家族の32年にわたる絆と「心の復興」を描いたドラマです。地震災害や被災状況を娯楽目的に製作したパニック映画ではありません。

また本作品は、東日本大震災発生の数年前より企画され、2010年に製作されています。製作者の言葉にもありますが、地震そのものを物語の中心に置いたのではなく、被災された人々のその後を描いています。道路や家は工事によって復興することが出来ますが、人の心の傷は長い時間を費やしても簡単には癒されません。

映画の中で描かれる主人公一家は、この悲劇的な困難を、家族の絆で乗り越えます。映画の送り手として、皆様にこの作品をお届けすることで、多くの方々の「心の復興」につながることを思ってやみません。

 繰り返しになりますが、本作の真の姿は家族の物語です。32年にわたる家族の絆を見つめた「心の復興」を描いた作品です。東日本大震災から4年の月日が経とうとしている中、この度、改めてこの作品を多くの方々にご覧頂きたいという想いから、2015314日(土)に公開する運びとなりました。

                                 松竹株式会社

                          常務取締役映像本部長

大角 正

 


 

 

 

2015年3月13日 17:12  カテゴリー: 映画・最新情報 熊くまからのお知らせ | コメント(0) |

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。