笑三昧
桂春蝶さんの独演会(警固神社)に行ってきました。

9/20(土)に、桂春蝶さんの独演会(警固神社)に行ってきました。

春蝶さんは、今年芸能生活20周年を迎えます。

 18歳の時に、実父である二代目桂春蝶の死をきっかけに落語家になることを決意します。翌年、三代目桂春団治に入門し、15年目(34歳)に三代目桂春蝶を襲名します。現在39歳、落語家としてはまだ若手かもしれませんが、やはりそこはDNAなのでしょうか、その話芸はかなりの域に達しています。

 20年を経て近年は、「桂春蝶の落語で伝えたい想い」 をシリーズ化し、新作落語を発表しています。その第一作目が『知覧特攻物語』、二作目が『約束の海~エルトゥールル号物語』です。その日は、その『約束の海~エルトゥールル号物語』が、九州で初めて披露されました。

 この話は実際にあった話です。明治23年(1890年)に、和歌山県沖で、トルコのエルトゥールル号が座礁・沈没し、乗客587名が亡くなりました。その時、難をのがれ海岸にたどりついた69名を大島村民(現在の串本町)が手厚く看護し、全員の命を救ったという史実です。

 それ以来、その事がトルコでは代々話継がれました。いつか恩返しをと願うトルコ国民は、100年以上の時を経て1985年のイラン・イラク戦争の時、イランの首都テヘランに在留していた215名の日本人全員を自国の国民に優先して 救出のための飛行機を用意したのでした。

 この実話を春蝶さんは、多くの人に知ってもらいたいと新作落語にしたのです。この落語を聞いて、私も含め何人かの人が涙していました。こういう話をもっと多くの人に、特に子どもたちに知って欲しいと思いました。同じ想いが、春蝶さんにもあるのではないでしょうか。

当日、春蝶さんから11月22日『笑 三昧』にむけてコメントをいただきました。こちらからムービーでご覧になれます。

                     代表 稲毛

2014年10月 3日 04:58  カテゴリー: 笑三昧 | コメント(0) |
『ワークショップのご案内』

今回は、ワークショップのご案内です。


11月22日の『笑 三昧(ざんまい)』公演の前に、少しでも古典
芸能に親しむ機会をということで企画しました。
日時は、11月2日(日)で10時と13時30分の2回。
会場は、福岡市中央市民センターの視聴覚室です。

午前の部は、「狂言」で講師は和泉流狂言師の宮永優子さんです。

宮永さんは、2002年に野村万禄さんに入門。数々の舞台出演の他、
福岡を拠点に九州各地、地元・下関で狂言の普及と発展に活躍され
ています。当日は、狂言の歴史や独特の発声・動作を教えていただ
きます。

午後の部は、何と桂春蝶さんご本人が来られます! 

前の日、北九州で公演がありますが、お手伝いできればと申し出て
くれたのです。
落語の始まりや決まりごと、また落語の楽しみ方を教えていただき
ます。そして、落語も一席披露してくれるそうです。

費用は両方とも無料。申し込み締め切りは、10月31日。
申込先や詳しい案内は、こちらからどうぞ。

☆『狂言ワークショップ』開催詳細はこちらからお願いします。


☆『落語ワークショップ』開催詳細はこちらからお願いします。


☆子どもと楽しむ古典芸能『笑三昧~わらいざんまい~』公演詳細はこちらからお願いします。

次回は、公演内容を中心に9月下旬にアップの予定です。

                        代表 稲毛

2014年9月 8日 06:32  カテゴリー: 笑三昧 | コメント(0) |
『笑 三昧!(わらい ざんまい)』出演者のご紹介

今年の夏は、雨続きでうっとうしいですね。もうすぐ夏休みも
終わりで、子どもたちが可哀想です。
さて、今回は11月22日(土)『笑 三昧(わらい ざんまい)』
の出演者、インスタントジョンソンの紹介です


1997年コンビ結成ですから結構長い芸歴です。2003年9月『第
1回お笑いホープ大賞』を受賞。NHK『爆笑オンエアバトル』、
日本テレビ『エンタの神様』、テレビ朝日『笑いの金メダル』など
多くのバラエティー番組やお笑いライブに出演しています。

インジョンア2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真で左から、じゃい、スギ、ゆうぞうの三人からなるトリオです。
ゆうぞうの「おつかれちゃ~ん」というフレーズが代表的です。
これまで福岡でのライブ出演はありますが、能楽堂は初めてという
ことで、本人たちも楽しみにしているようです。

『笑 三昧』のチラシですが、各区役所、アミカス、あいれふ、青年
センター、少年科学文化会館、市民会館、チケットぴあ、などに
置いてありますのでお求めください。

次回は、ワークショップのご案内です。11月2日(日)中央
市民センター 視聴覚室で開催します。10時~狂言、13時30分
~落語。無料。9月上旬アップします。お楽しみに~。

                    かんげき隊代表 稲毛

2014年8月25日 06:12  カテゴリー: 笑三昧 | コメント(0) |
『ちらしが出来上がりました!!!』

11月22日(土)14時開演の「子どもと楽しむ古典芸能

三昧(わらい ざんまい)」のチラシが、出来上がりました!

waraipage20142.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前味噌ですが、自作にしては結構良い出来だと思います。

チラシは、これから福岡市のほうに持っていきますので、8月

には各区役所、公民館で手に入ると思います。

 

さてチラシもできましたので、いよいよチケットの発売になり

ます。一般発売は、7月25日(金)です。一般券3300円、

ファミリー券(2枚)5600円ですので、こちらだと1枚に

つき2800円で500円お得になります。

是非、親子で観てほしいです。

 

チケットは、「チケットぴあ」「ローソンチケット」で購入でき

ますが、「劇ナビFUKUOKA」でインターネット販売もして

います。こちらポータルサイト「劇ナビFUKUOKA」の画面

から入っていただき、登録すれば座席も選べて購入できます。

宜しくお願いします。

 

作品には自信があります。それと、日本伝統の舞台 能楽堂の空間

をじっくり味わっていただきたいと思います。お待ちしてます。

 

次回は、出演者のインスタントジョンソンの紹介がまだでしたので、

それをお届けします。(8月下旬アップの予定)

                        代表 稲毛

2014年7月23日 05:54  カテゴリー: 笑三昧 | コメント(0) |
今回は、かんげき隊の活動のようすを紹介します。

 

今回は、かんげき隊の活動のようすを紹介します。

kanngekifuukei.jpg私たちは、子どもたちに質の高い生の舞台芸術を届け、福岡に演劇文化を根づかせることを目的に、2007(平成19)年 から一年に一度、演劇の鑑賞活動を行ってきました。
毎年、実行委員会をつくっていましたが、2012(平成24)年からは、恒常的な組織である「かんげき隊」(福岡青少年演劇 鑑賞会)を立ち上げて、これまでやってきています。

2012年12月14日、「森は生きている」劇団仲間
2013年11月16日、「大どろぼうホッツェンプロッツ」人形劇団ひとみ座

そして、今年は
11月22日(土)「子どもと楽しむ古典芸能 笑 三昧!(わらい ざんまい)」
を行います。

その年の公演にむけて、毎月1回運営委員会を開いています。6月21日(土)に、第5回運営委員会をもちました。(写真) 運営委員は23名です。職業は、教員、看護師、介護職員、事務職員、劇団員、ツアーコンダクター、フリーライター、企画会社経営などさまざまです。

会議の内容は、もちろん公演にむけての打ち合わせやチケット普及が主ですが、みんなで交流するのも大きな楽しみです。まさに異業種交流で、毎回会議の後の飲み会では、仕事の話も含めて多種多彩の話題が飛び交っています。楽しくやることが、長続きの秘訣です。

さて、今年の公演「子どもと楽しむ古典芸能」ですが、諸事情のため当初予定していたチケットの一般発売が少し遅れて7月25日になります。次回は、チケット発売に関しての案内をいたします。
(7月中旬 アップの予定)
                    代表 稲毛孝一

2014年6月27日 18:14  カテゴリー: 笑三昧 | コメント(0) |

1  2

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
かんげき隊プロフィール
福岡の演劇文化の振興を目指し、子ども時代から優れた舞台芸術に接することで感性を育み、演劇を愛好する人を増やしていくことを目的に活動しています。

2007年から一年に一度、福岡で演劇の公演をしようと、有志で公演に即した実行委員会を結成して実施してきました。

そして、このことを継続していくには恒常的な組織が必要だということで、2012年1月に、かんげき隊「福岡青少年演劇鑑賞会」を発足しました。

その年から福岡県民文化祭にも参加し、これまで「森は生きている」「大どろぼうホッツエンプロッツ」公演を開催しました。

今年は、「子どもと楽しむ古典芸能【笑三昧!(わらいざんまい)】」ということで、大濠公園能楽堂で狂言、落語、漫才(コント)を開催致します。