劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 劇団四季による「こころの劇場」開催
劇団四季による「こころの劇場」開催
【2016年9月15日】

ミュージカル『美女と野獣』が好評のうちに千秋楽を終え、大掛かりなセットが撤去されて間もないキャナルシティ劇場に、子どもたちの賑やかな笑い声が飛び交いました。

9月13日(火)の午後、ミュージカル『ガンバの大冒険』の公演には、福岡市内の11校から約1015名の小学生が招待され、舞台を楽しみました。

IMG_0095.jpgのサムネール画像

「こころの劇場」は、子どもたちの心に、命の大切さや人を思いやる心を舞台を通じて語りかけたいと、全国で開催され56万人の児童が鑑賞する一大プロジェクトです。

福岡では、福岡市小学校学校劇研究会と劇団四季、(一財)舞台芸術センターが主催 (共催:福岡市・福岡市教育委員会)、全国共通の協賛企業と福岡の12社の企業が協賛して開催します。

 

『ガンバの大冒険』は、ネズミのガンバが、仲間たちと力を合わせて、イタチのノロイと闘う物語。斉藤惇夫の「冒険者たち~ガンバと15ひきの仲間」を、いずみたく作曲の音楽に乗せてミュージカルにした作品。


舞台を観終わった子どもたちは、「ミュージカルを初めて観た。迫力があって楽しかった。」「チームワークの大切さがわかった。ガンバがみんなと力を合わせて、最後は感動した。」「歌がみんないい曲だった。踊りも凄い。」「アニメも観たけどミュージカルはキャラクターがわかりやすくて物語に入りやすかった。ガンバはかっこよかった。」等と、興奮している様子でした。

IMG_0118.jpg

(終演後、ロビーで子どもたちとハイタッチする出演者)

IMG_0124.jpgのサムネール画像 

(ガンバを演じた俳優とタッチ!)


福岡市では9月23日まで、約12,800名の子どもたちに舞台の魅力を届けます。


また、9月18日(日)には、一般公演も行われます。

問い合わせは、劇団四季予約センター 0120-489444 (10時~18時まで)。

 

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら