劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 立川志の輔・立川生志 立川流の独演会
立川志の輔・立川生志 立川流の独演会
【2016年3月30日】

この春、北九州芸術劇場で立川志の輔、立川生志、それぞれの落語会が開かれます。

 

立川生志さんは、独自の落語会「ひとりブタ」シリーズを全国8か所で開催、北九州では「ひとりブタっちゃ」と題したシリーズが昨年から始まりました。4月に行われる「ひとりブタっちゃ」では、生志得意の人情噺のほか、生志さんが出演しているFBSテレビでおなじみの松井礼明アナウンサーが、「前座」としてゲスト出演。初の落語を披露します。

4月10日(日)14時

北九州芸術劇場 小劇場

 

立川志の輔さんは、「チケットが取れない落語家」として当代一の人気落語家。北九州では6年ぶりとなる独演会を行います。

4月22日(金)18時30分

北九州芸術劇場 大ホール

 

立川流のお二人は、福岡では毎年博多座で「兄弟会」を開いていますが、それぞれの「独演会」が一度に北九州で行われるのは珍しいこと。「二人会」「三人会」などはそれぞれの落語家の聴き比べが楽しく、「独演会」ではその噺家の落語の世界を堪能できるのが魅力です。

この度、それぞれの落語の世界を一緒に楽しめる「セット券」が発売されました。

 
※「チケットぴあ」のみで発売
 
「立川生志落語会 ひとりブタっちゃ」は残席わずか、「立川志の輔独演会」のチケットはこのセット券以外は完売しているという。
限定20席のプレミアムなチケットで、お二人の落語をお楽しみください。
劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら