劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 『キャッツ』福岡公演 チケット発売開始!
『キャッツ』福岡公演 チケット発売開始!
【2014年2月 8日】

『キャッツ』福岡公演のチケットが216日から発売を開始します。(四季の会会員は29日から)

『キャッツ』は福岡で、これまでに52万人以上を動員した人気ミュージカル。

今回で3度目の福岡公演になります。

1990年シーサイドももちにテント式の仮設劇場でロングラン公演を成功させ、福岡にミュージカルの魅力を伝える大きなきっかけになりました。1998年には、福岡で初めてのミュージカル専用劇場「福岡シティ劇場」で再びのロングラン。ミュージカルファンの一層の増大につながりました。

 

今回は、15年ぶりの福岡公演とあって、懐かしい猫たちとの再会が待ちきれないというミュージカルファンの声も聞かれます。

劇団四季も福岡公演には特別の力を入れ、劇場の客席も大幅に撤去、客席と舞台の距離をできるだけ近づけた劇場空間でお客様をお迎えするといいます。

D撮影:荒井健.jpgのサムネール画像

(撮影:荒井健)

 

いよいよ、216日から発売されるチケットについて、劇団から最新情報を伺いました。

 

<その1 客席数>

キャナルシティ劇場は1141席ですが、キャッツの壮大な舞台装置を客席部分にもせり出す形で設置するので、S席部分を250席ほど撤去、1回の公演で910席しかないという非常にぜいたくな、どの席でもとても臨場感を持って楽しむことができます。

 

四季によると、この910席という客席数は『キャッツ』の歴史の中でも異例といいます。横浜の専用劇場でも1200席あり、今までのどこの劇場よりも身近に猫たちのパフォーマンスが観られます。また、キャナルシティ劇場には2階席がありますが、もちろん、猫たちは2階にも現れます。

 

<その2 新設席>

子ども連れが見逃せないのが、「ファミリーゾーン」。

これは、前回の『キャッツ』には設定がなかった席で、子ども(3歳~小学生以下)が座ると、大人の半額料金になります。S席の一部と、全A席に設けられています。

『キャッツ』は3世代で楽しめるミュージカル。シーサイドももちに親子で観劇に行ったパパやママも、今回の公演ではお孫さんと3世代で楽しめるのでは?

そんな方にも、このファミリーゾーンは狙いめです。

 

<その3 子どもへの心配り>

四季の舞台には年齢制限がありません。3歳未満の子どもは、ひざ上で無料観劇が可能。お子さんがぐずってしまう場合でも、親子観劇室が用意されているので心配ありません。希望者には、託児(有料)を予約することができます。

A撮影:荒井健.jpg

                       (撮影:荒井健)

<その4 早めの予約のために>

四季の担当者の話によると、

「毎回、予約センターの回線をフル稼働しても間に合わないほどの演目なので、最前席や通路側の猫が通る席、人気の猫ラム・タム・タガーが来る席などは、売り切れてしまう可能性が高いです。」

「特に今回は、ゴールデンウィークでの遠征組も予想されます。」

2階席のC席(3000円)は、比較的はやいタイミングで完売してしまうと予想されます。」

「『休みが土日しかない!』『GWに行く予定!』という方は、早めにご予約を。」

といいます。

いよいよ、216日から一般発売が始まりますが、もし良席をご希望の方は、インターネットで即日「四季の会」に入会、9日からの先行発売日に予約が可能です。

「休みが土日しかない!」「GWに行く予定!」という方は、早めにご予約を。

 

↓「四季の会」入会
http://www.shiki.gr.jp/fanclub/

公演スケジュールは、下記をご確認ください。
http://www.shiki.gr.jp/applause/schedule/cats.html

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら