劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 博多座市民檜舞台の月 福岡演劇[博多衆]舞台公演 嘘つき鉄心『IRON HEART』
博多座市民檜舞台の月 福岡演劇[博多衆]舞台公演 嘘つき鉄心『IRON HEART』
【2010年10月 7日】

毎年12月、博多座では市民檜舞台の月として市民の発表の場として開放されています。

そこに今回参加する、福岡演劇[博多衆]。福岡発信の博多座公演を行うために、主要キャスト20名を含む全70~80名の出演を予定し、

福岡で活動する劇団に所属する役者、福岡に既存のアーティスト系専門学校生・大学演劇部員・演劇部所属の高校生などが中心となり結成。

「劇団えのき岳遊劇隊」を主軸に、一般からも公募にて参加を募り12月・・・博多座の舞台に立ちます。

 

1P1030366-thumb-500x375-775.jpg

 

今回はそのお稽古場を訪問してきました。

この日はキャスティングの最終調整を含めたお稽古の真っ最中。

 

2P1030367-thumb-500x375-777.jpg

 

同じ役、同じ台詞でも相手が変わったり、人が変わるだけで

作品の色、そこに吹く風がまったく違うものになるということを肌で感じる空間でした。

 

3P1030329-thumb-500x375-779.jpg

 

彼らの演じる作品は、嘘つき鉄心『IRON HEART』

 

4P1030325-thumb-500x375-781.jpg

 

Story

長い戦乱の時も終焉を迎え、平穏な日々を過ごす人々―。

そこには『嘘』を使って良くも悪くも丸く収める「嘘つき屋」を生業とする男『鉄心』がいた。

ある日、溜まった家賃を払う為にと、大家から仕事を宛がわれ城へと向かう鉄心。

一方その城では世継ぎ騒動の真っ只中。

鉄心に課せられた使命、世継ぎ騒動に隠された謎、家臣の野望、隣国『華加羅』の陰謀、

風変わりな姫との出逢い、戦乱時の仇敵や戦友との再会・・・

鉄心は全てを得意の『嘘』で乗り切る事が出来るのか?

繰り広げられる剣技みならず、心と言葉が交錯する時代劇ファンタジー活劇『JFK』に刮目!!

 

5P1030314-thumb-500x375-783.jpg

 

それまで相手役だったのに、同じシーンでもすぐに違う役へと、すっと入る彼ら。

彼らが博多座の板の上にたったとき、どう生きるのか。

 

6P1030302-thumb-500x375-785.jpg

 

役決め稽古という、また決まった動きがない中でのそれぞれの個性を生かしたキャラクター。

それが12月に完成されたとき、またどういった世界が繰り広げられるのか・・

楽しみにしながら稽古場を後にしました。

 

7P1030292-thumb-500x375-787.jpg

 

舞台で生きる彼ら。虚構の世界である「演劇」でさらに『嘘』を題材としたこの作品。

見どころは満載です。彼らの、彼女らの言葉が心に響き渡る12月をお楽しみに!!

 

福岡演劇[博多衆]舞台公演

 

嘘つき鉄心『IRON HEART』

 

【日時】

12月17日(金)19:00

12月18日(土)13:00/16:30

【会場】

博多座

【チケット】

A席3000円 B席2000円

【お問い合わせ】

090-9793- 2544( 榎本)

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら