劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 大地真央さん『東宝ミュージカル主演2300回記念』特別カーテンコール
大地真央さん『東宝ミュージカル主演2300回記念』特別カーテンコール
【2010年10月19日】
 

1018日、昼の部、博多座「マイ・フェア・レディ」初日。

この日、主演の大地真央さんが『東宝ミュージカル主演2300』を達成されました!

 

通常のカーテンコールが行われたあと、岡 智さんの司会により特別カーテンコールの実施。

博多座の芦塚社長からの花束贈呈や、出演者一同による『おめでとう』の歌のプレゼントで祝福されました。

 

 

 

12300_1-thumb-600x398-882.jpg 

 

 

宝塚歌劇団を退団後、19863月に「プリンセス・モリ―」で東宝ミュージカルに初主演。

 

以降、「カルメン」、「サウンド・オブ・ミュージック」「風と共に去りぬ」、「ローマの休日」、「十二夜」、など様々な舞台で主演を務め、初めてイライザを演じた1990年の「マイ・フェア・レディ」では第15回菊田一夫演劇賞を受賞されています。

 

2005年の帝国劇場公演よりヒギンズ教授を演じておられる、石井一孝さんが花束の贈呈と共に

「心から尊敬しています」との言葉を送られました。

 

続いて、大空眞弓さんからの花束贈呈。

 

そして上条恒彦さんから、

「真央は本当にすごい!親子をやらせて頂いて光栄です。イライザ役は大変なのに、つらい顔1つせずにやってこられた。役者として尊敬せざるおえない。これからも期待をこめてますし、尊敬しています」

と祝福の言葉を頂いた大地さんは涙を浮かべていらっしゃいました。

 

 

 

22300_3-thumb-600x398-885.jpg 

 

 

最後に大地真央さんから、ご挨拶がありました。

 

「皆様、本日はありがとうございました。心より感謝致します。退団の翌年から24年間、14作品に出演しました。どのヒロインも私にとりまして、共感できるかけがえのない親友です。そして、作品はかけがえのない宝物です。スタッフの皆さま、共演者の方々、お客様のおかげです。ただただ、感謝申し上げます…。」

 

と涙で言葉がつまる大地真央さんに会場から温かい声援が飛びます。

 

「今回をもちまして、イライザを卒業させて頂きますが明日からまた愛するカンパニーと共に『マイ・フェア・レディ』を上演できるように日々精進したいと思っております」

 

 

 

 

32300_2-thumb-600x398-887.jpg 

 

 

と最後まで向上心を絶やさない、素晴らしさを見せて下さいました。

 

 

 

 

世界中で愛される普及の名作。

マイ・フェア・レディはまだまだ続きます。

 

そして、大地真央さんイライザ卒業公演、さらには今後1029日お昼の部では600回を迎えます。

博多座公演は1031日までお見逃しなく!

 

「マイ・フェア・レディ」【公演情報】はこちら

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら